バーチャルオフィス探しのコツ | バーチャルオフィスが東京・港区で格安の月額500円

青山(東京都港区)のバーチャルオフィス スタートアップ

Start up

格安料金のバーチャルオフィス

青山(東京都港区)のバーチャルオフィス スタートアップ

Start up

格安料金のバーチャルオフィス

バーチャルオフィス探しのコツ

バーチャルオフィスの活用法は?

バーチャルオフィスの活用法は?

最近では、個人で起業する際にバーチャルオフィスを利用することも珍しくありません。そのような時代背景もあり「バーチャルオフィスは起業するときに利用するもの」というイメージを持つ人が多いようです。バーチャルオフィスは他の目的でも活用されています。ここでは、バーチャルオフィスの活用法についてご紹介します。

・会議室としての利用
「会社が地方にある為、取引先との商談や打ち合わせをするスペースが都心に欲しい」といった要望を持っている人は少なくありません。バーチャルオフィスには、打ち合わせスペースを貸し出ししているところもあります。そういったサービスを利用して、都心にオフィスを用意することで、取引先に遠方まで来てもらわずとも、双方の営業効率の向上につなげることが可能です。
また、都心に活用できるスペースがあるだけでも、「東京オフィス」のように称することで、取引先から信頼を得ることにも繋がります。会議や打ち合わせ、プレゼンのためにバーチャルオフィスを利用する、というのも賢い利用方法ではないでしょうか。

・特定地域で新規顧客の獲得をしたい
インターネットで業者を探して発注する、ということが当たり前に行われている時代。郵便や宅配サービスがしっかり機能している日本においては、会社の所在地がどこであったとしても大きな問題は無いかもしれません。
しかし、「できるだけ近くにある、地元の業者さんに頼みたい」と思うお客様が多いことも事実です。バーチャルオフィスを活用することで、そのようなお客様を逃さずに新規顧客の獲得チャンスを広げることが出来ます。ホームページに「○○営業所」などとして所在地を掲載することで、特定の地域に強い印象を与えることができますし、お客様とオフィスで打ち合わせをするときは会議室を利用することもできます。

・女性起業家のストーカー対策
「名刺に自宅の住所を載せたらストーカー被害に遭った」という女性起業家の方が居ます。このような被害に遭わずに済むよう、名刺に掲載する住所・電話番号をバーチャルオフィスのものを掲載するという対策法に活用できます。
住所や電話番号を名刺に記載しないと、相手に良くない印象を与えてしまいますが、かといって自宅住所を載せるのは・・・といったときにバーチャルオフィスを利用される方が多いようです。実際に、自宅住所ではなく、バーチャルオフィスの住所・電話番号を掲載することによって仕事がしやすくなった方も多いようです。

バーチャルオフィスの活用法は?1 バーチャルオフィスの活用法は?2
バーチャルオフィス探しのコツ一覧に戻る
Page
Top