よくあるご質問 | バーチャルオフィスが東京・港区で格安の月額500円

青山(東京都港区)のバーチャルオフィス スタートアップ

Start up

格安料金のバーチャルオフィス

青山(東京都港区)のバーチャルオフィス スタートアップ

Start up

格安料金のバーチャルオフィス

よくあるご質問

よくあるご質問

お客様からよく寄せられるご質問をまとめました。こちらで解決しなかったご質問は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ご契約についてのご質問

Q

契約前に内見は可能ですか?

A

ぜひご覧いただくことをお勧めしております。まずはお気軽にお問合せください。ご希望の日時がございましたら、お申し付けいただければ日程を調整してご案内いたします。
※現在、内見受付を中止しております。受付再開しましたらお知らせにて公開いたします。

Q

申し込みの際、契約期間は何か月以上といった縛りはありますか?

A

特に縛りは設けておりません。1か月から可能です。ただし、ご解約の際は1か月以上前にお申し出が必要になりますのでご注意ください。

Q

申し込み後、どの時点で住所を使用できるようになりますか?

A

ご入金を確認後、弊社からオフィス住所を記載したメールを送付します。お申込みいただいたご利用開始日からご使用可能です。

Q

個人契約後に法人化したのですが、契約名義の変更は必要ですか?

A

必要です。登記簿謄本のコピーのご提出をお願いいたします。個人名義のままですと、法人名宛てのお電話や郵便物などを受け取ることができません。

お支払いについてのご質問

Q

カードでの支払いは可能ですか?

A

承っております。クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMEXに対応しております。

Q

個人契約後に法人化したのですが、このまま個人名義のクレジットカードは使用可能ですか?

A

代表者様名義のクレジットカードであれば、変わらず利用可能です。

Q

お得な料金割引はありますか?

A

1年分一括払いは、業界最安の料金設定となっております

電話転送サービスについてのご質問

Q

通信料はどのように請求されますか?

A

前もって通信料をお支払いいただくデポジット方式になります。こちらから月々の通話料を充当させていただきます。

Q

すぐに転送ではなく、一旦電話を受けてから転送してもらうことはできますか?

A

電話秘書代行サービスをご利用ください。こちらのサービスでは、各担当者に宛てての転送や、お客様に代わって伝言を承ることも可能です。

Q

電話転送サービスだけの利用は可能ですか?

A

ご利用できません。こちらはバーチャルオフィスサービスに付帯するオプションです。

郵便物の受け取りについてのご質問

Q

郵便物があったときにはいつご連絡いただけますか?

A

郵便物の送付の確認、連絡は行っておりません。

Q

郵便物の転送はしてもらえますか?

A

承ります。毎週金曜日までの分を翌週前半にご登録先住所にすべて転送いたします。受け取りにサインを要するような重要な郵便物に関しましては、なるべく早く転送処理いたします。

Q

受け取りができない郵便物はどのような対応になりますか?

A

不在票のご連絡という対応をさせていただきます。尚、受け取れない郵便物は下記になります。
・現金書留や電信為替
・内容証明等、法的な書類
・植物や生き物
・生もの
その他、上記以外にも受け取り不可とする場合もございますので、ご了承ください。着払いや代引き郵便は、事前にご連絡を頂いた場合のみ対応いたします。

オフィスサービスについてのご質問

Q

営業時間を教えてください。

A

平日はAM9:00~PM6:00までの営業、土日・祝日はお休みを頂いております。

Q

HPへの住所表記は問題ありませんか?

A

インターネット上に公開される場合は指定の表記方法でお願いしております。詳細はお問合せください。

Q

個人契約の場合、住民票の利用は可能ですか?

A

住民票の住所としてのご利用はできません。

Q

法人登記にあたって別途料金はかかりますか?

A

別途料金は頂いておりません。

バーチャルオフィスについてのご質問

Q

個人で開設するインターネットショップの住所に利用できますか?

A

はい、ご利用できます。

Q

本社登記がバーチャルオフィスだと、社会保険の加入は不可能ですか?

A

加入できます。本社がバーチャルオフィスであることに特段問題はございません。お手続きについて不明点がございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

Q

法人登記してもバーチャルオフィスだと銀行口座の開設はできないのですか?

A

開設可能です。ただし、2013年の犯罪収益移転防止法の改正により、新設法人の銀行開設自体が難しくなっております。バーチャルオフィスであることには特段問題はございませんが、審査の厳格化から提出書類が増幅しましたので、入念にご準備いただくことをお勧めしております。

Page
Top