バーチャルオフィス探しのコツ | バーチャルオフィスが東京・港区で格安の月額500円

青山(東京都港区)のバーチャルオフィス スタートアップ

Start up

格安料金のバーチャルオフィス

青山(東京都港区)のバーチャルオフィス スタートアップ

Start up

格安料金のバーチャルオフィス

バーチャルオフィス探しのコツ

バーチャルオフィスからの起業

バーチャルオフィスからの起業

出来る限り初期投資を抑えて自分のオフィスを構えたい、と考えている人にお勧めしたいのが、バーチャルオフィスというサービスです。

起業の準備において、自分のオフィスをどのように構えるか?という大きな課題があります。一般の企業同様に、賃貸のオフィスを契約して、必要な設備や内装などを揃えていく、という方法がありますが、この方法はかなりの費用が必要です。

初期投資をできる限り抑えて起業したいと考えている人や、起業してから当面の間だけオフィスを利用したいと考えている人はバーチャルオフィスを活用することで、都心の一等地の住所と電話番号を賃貸オフィスと比べて格安で用意することができます。

多様化するバーチャルオフィス

現在のバーチャルオフィスサービスは、住所貸しや郵便物の転送などの基本サービスの他に独自のサービスを行っているところが増えています。電話対応や来客対応、バーチャルオフィスに秘書や受付代行のサービスがあったり、ミーティングルームを無料で貸し出しているところもあります。

バーチャルオフィスサービスを運営する会社は、このように独自のサービスを提供する形で他の業者との差別化を図っています。バーチャルオフィス業界もコワーキングスペース同様に、顧客の獲得が激化しており、開業と廃業が頻繁に起こるような状態になっています。

バーチャルオフィスは基本的に、どのような業種でも利用可能ですが、その中でも特に利用しやすい業種を紹介します。

バーチャルオフィスからの起業1 バーチャルオフィスからの起業2

バーチャルオフィスの利用がお勧めの業種

1)弁護士や税理士などの士業と呼ばれる方々
士業の方々は、開業当時はオフィスを構えるよりも、開業のためのコストを抑えて顧客拡大に努める方が多いと思います。バーチャルオフィスには個室のミーティングスペースやコワーキングラウンジなどが利用できるプランがあるので、バーチャルオフィスにおいて顧客とのコミュニケーションを取ることが可能です。また、同じバーチャルオフィスを利用している企業から、業務に関する相談の依頼を受けることができる、という顧客獲得機会も有るかもしれません。

2)Webライターなどパソコン1台で仕事ができる業種
Webライターやシステムエンジニア、Webデザイナーなど、パソコン1台で場所を選ばずに仕事を行えるような業種は、バーチャルオフィスの利用に向いていると言えるでしょう。たとえば、クライアントとの直接面談する場合に利用したり、ご自身の名刺に個人の住所ではなく、ビルなどの企業向けの住所を表示しておいた方が、取引先からの社会的信用を得やすいです。

3)セミナー講師やコンサルタント
開業したばかりのコンサルタントやセミナー講師は、社会的信用が低いため、依頼数や顧客数を増やすために、バーチャルオフィスを利用することがあります。信頼感を得られるビジネス街の一等地の住所が手に入れられるというだけでなく、営業などで日中の外出時間が長い場合に電話応対サービスを利用することができるため、活動の良きパートナーとなるでしょう。

バーチャルオフィス探しのコツ一覧に戻る
Page
Top