バーチャルオフィス探しのコツ | バーチャルオフィスが東京・港区で格安の月額500円

青山(東京都港区)のバーチャルオフィス スタートアップ

Start up

格安料金のバーチャルオフィス

青山(東京都港区)のバーチャルオフィス スタートアップ

Start up

格安料金のバーチャルオフィス

バーチャルオフィス探しのコツ

バーチャルオフィスの相場

バーチャルオフィスの相場

実際のところ、バーチャルオフィスの家賃の相場というものはあってないようなものです。というのも、提供されるサービスによって大きく値段が違ってしまうのがバーチャルオフィスだからです。

都内のバーチャルオフィスについて検索してみると、月額千円程度で契約できるものから、月額10万円以上のものまで、非常に様々なバーチャルオフィスがあることが分かります。

バーチャルオフィスの中でも、低価格のサービスと高級路線のサービスとを分けているポイントのとして、秘書や受付などの人的サービスがあるかどうか、という点が挙げられます。

サービス提供元としては、秘書や受付が必要な場合、その分の人件費が必要です。また、秘書や受付が応対するための場所も必要となります。場所を設けるとなると、場所の掃除や修繕といったメンテナンス費用も必要となってきます。このため、サービスの提供価格は上がってしまいます。

低価格のサービスでは、郵便物の転送を随時にする、週1回にするなど、転送の頻度で価格が変わるサービスが多いようです。

郵便物の受け取り自体に料金を設定している例も有り、安価なサービスを選択する場合は、どこまでが標準サービスに含まれているのか、契約前にしっかりと確認する必要があるでしょう。

大まかな目安

大まかな目安を知りたい!という方は、まずはエリアを決めてから、相場をチェックすることをお勧めします。実際のオフィスよりは格段に安く済ませることができるとはいうものの、やはり通常の賃貸と同様に、サービス提供の地区によって、金額に大きな差が生まれます。バーチャルオフィスでも人気が高いのは山手線内です。サービスの提供価格は高くなりがちですが、起業の住所としては安心感とステータスがあります。また、何かあったときに通いやすいというメリットもあります。

バーチャルオフィスの相場1 バーチャルオフィスの相場2

バーチャルオフィスのオプションサービス料金

バーチャルオフィスの費用を決定する上で重要な要因の一つが、標準サービスとは別に提供されるオプションサービスの料金です。
バーチャルオフィスの提供会社や、実際に利用するコースによって、どのようなサービスが標準サービスとして提供され、どのようなサービスがオプションとして別料金になるのか、というのは様々です。このため、インターネットなどで情報を収集し、検討する際には少々手間がかかります。

そこで、バーチャルオフィスを探す場合、まず、ご自身に必要なサービスが何なのかを具体的に書き出し、そのメモを見ながら見積もりを依頼することをお勧めします。
具体的な項目としては、
・法人登記をするか、しないか
・電話受付・FAXが必要か
・郵便物の転送の周期、時間帯など
・契約期間の縛り
・初期費用(保証金)
・利用料金の支払い方法
などが挙げられます。

バーチャルオフィス探しのコツ一覧に戻る
Page
Top