バーチャルオフィス探しのコツ | バーチャルオフィスが東京・港区で格安の月額500円

青山(東京都港区)のバーチャルオフィス スタートアップ

Start up

格安料金のバーチャルオフィス

青山(東京都港区)のバーチャルオフィス スタートアップ

Start up

格安料金のバーチャルオフィス

バーチャルオフィス探しのコツ

バーチャルオフィスのメリットとデメリット

バーチャルオフィスのメリットとデメリット

バーチャルオフィスのメリットは?

バーチャルオフィスを利用する際の最大のメリットは、費用を最小限に抑えられるところです。通常のオフィスを使用するためには、敷金や保証料、仲介手数料が必要です。また、通信のために電話やFAX回線を引いたり、インターネット回線を契約したりとオフィスの準備に加え、家賃などの費用がかかってしまいます。

一方、バーチャルオフィスでの初期費用は数万円程度です。
バーチャルオフィスは会社の住所として登記できるところも多くあり、すでに電話回線なども整っています。このため、電話代行や郵便物の受け取り代行など、各種サービスを直ぐに利用することができます。

光熱費は月々の利用料に含まれているため、オフィスの利用料が数千円程度となり、費用をぐんと抑えることができます。バーチャルオフィスの多くは、利便性のある都会の一等地に所在しています。このため、バーチャルオフィスを利用すれば、誰もが知る住所で自社を登記することができ、名刺やホームページなどに記載することができます。

バーチャルオフィスのメリットとデメリット1 バーチャルオフィスのメリットとデメリット2

バーチャルオフィスのデメリットは?

1)法人銀行口座の開設が困難
バーチャルオフィスの場合、特別な理由が無い限り、銀行口座開設を断られてしまうケースが非常に多いです。会社の法人口座がないと取引を行うことができない企業も多いため、これは大きなデメリットと言えるでしょう。

2)社会保険・雇用保険の申請が困難
銀行口座と同様、バーチャルオフィスの場合、社会保険や雇用保険の申請が難しいです。これは、会社法で帳簿や資金台帳などの必要書類が本店所在地に保管されている必要があるためです。あらかじめ社労士さんに確認しましょう。

3)各種許認可を得るのが難しい
派遣業や古物商などの各種許認可を得ることが難しいです。許認可が必要な事業をする場合、あらかじめ確認されることをお勧めします。

4)他社と住所が重複する
バーチャルオフィスは複数の会社が利用している場合、住所検索すると別の会社が表示されてしまうため、バーチャルオフィスであることが直ぐに分かってしまいます。もしも企業を相手にしっかりとしたビジネスをしていくのであれば、バーチャルオフィスを使うのは難しいかもしれません。出会い系業者や振込詐欺グループの殆どがバーチャルオフィスを利用していた、という背景も有るためです。

バーチャルオフィス探しのコツ一覧に戻る
Page
Top